膀胱炎対策:梅雨・ジメジメした季節は、下着の中で菌が繁殖しやすい


膀胱炎の原因菌が繁殖しやすい季節「梅雨時期」

寒いと免疫力が落ちて、膀胱炎になりやすくなる。寒いトイレも我慢しがちで、膀胱内の原因菌がいつまでも排出されずに悪化する。

そんなつらい時期を過ぎ、暖かくなってきて、膀胱炎とは縁が切れた!とお思いの方に襲ってくるのが「蒸れムレからの膀胱炎」です。

これから多くなる雨の日。
通勤のバスや電車は湿度がとても高い状態になっています。
薄着になってきたからとはいえ、下着の中はやはり蒸れやすく、細菌が繁殖してしまいます。

さらに、「さすがにまだクーラーをつけるまでもないかなぁと」つけずに我慢して寝ることで、寝苦しい浅い眠りが続いているので疲労も蓄積されています。
そういう状態では体の免疫力が落ちてしまっている可能性が大きいです。

 

「湿邪」により膀胱炎は梅雨にも多く発生する

梅雨時期は夏場に比べて代謝がうまくいかないことが多いです。

湿気が多くなると、汗が出にくくなります。汗をかかないと体の中には老廃物を含んだドロドロした水分が残ってしまいます。このことを「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。

 

梅雨特有の気だるさは、気分的なものだけでなく「代謝が悪くなることで、悪いものが溜まっている」とも言えます。

体の中に溜まった悪い水分は、東洋医学では痰濁(たんだく)と呼ばれています。頭が重い、身体が疲労感に包まれてるなどの倦怠感やめまいの原因になると言われています。
こと状態が続くと、細菌に感染しやすい、炎症を起こしやすい体をつくる原因になります。

代謝を良くするためには、軽く汗を各程度の運動をすることが一番の近道。
水分と栄養をたっぷりとって、血液の「巡り」を活発にすること、体の活性を高めることも重要です。

体の活性を高めるための天然果汁サジージュース

体の栄養を運ぶのも、老廃物を回収するのも血液の仕事です。体の巡りを高めるというのは「良い血液を作る」ことに他なりません。

  • 疲れが取れる
  • 鉄分不足が解消されて貧血が改善
  • 肌の調子が良くなる
  • お通じがすっきり
  • 冷え性が改善される

このように一見バラバラの症状にサジージュースが効くというのは「体の活性を高める栄養素」が200種類以上も含まれているからなのです。

良いものを食事で取り、悪いものや老廃物は出す。

この体の正しい新陳代謝ができていない人が多いのです。

インスタでも大人気!サジージュース

毎日の食生活ではなかなか満足に摂れない「鉄分」「アミノ酸」「ビタミン」などの栄養素をサジージュースで補って、膀胱炎になりにくい体づくりをしましょう。

 

>>>サジージュースを飲むだけで、膀胱炎にならない体づくりをしたい方はこちらへ