膀胱炎とのどの痛みの関係【免疫アップでどちらも改善】


膀胱炎とのどの痛みが一緒に出るのは二つの理由が考えられます。

  1. アデノウィルス感染症
  2. 免疫が落ちて、のどが炎症を

midori_09_shock

 

【アデノウイルス感染の場合】

膀胱炎といえば、頻繁に感じる尿意であったり、残尿感、尿そのものの白濁や血尿といった症状があらわれます。しかしながら時としてこれらのような膀胱炎症状とともに喉の痛みを感じる場合があります。

8436197e19950e12b72d3258da60b14f_s

のどの痛みと膀胱炎を同時にもたらすケースとして、アデノウィルス感染症が考えられます。アデノウィルスというウィルスが扁桃腺につくことによって痛みを伴う炎症を引き起こすものです。

さらにこのウィルスは膀胱の粘膜にも影響をもたらすため、出血性膀胱炎を発症します。

ウイルス感染による急性出血性膀胱炎の特徴は

  • 頻尿や排尿時の痛み
  • 残尿感など
  • 赤や茶色の血が混ざる血尿の症状

 

ウイルス感染による出血性膀胱炎は、過労やストレスになどによって免疫力が低下しいるときに発症しやすいので、睡眠時間や食生活に気をつけて健康的な生活を送ることが予防のために重要です。

このため、のどの痛みと同時に尿が赤くなった場合はアデノウィルス感染症が疑われます。

インフルエンザのような風邪の症状、目の充血や、胃腸炎といった症状がある場合もあれば、感染しても症状がほどんどない場合もあります。

また一生のうちに何度もかかることがあります。これはアデノウィルスが一種類ではなく何十種類も存在するためです。

免疫低下からののどの痛み

もうひとつの考え方は「のどの痛みがあるくらい、免疫下がってれば、膀胱炎になる確立も高い」というもの。

midori_25_handkerchief

風邪などによって、のどの痛みを発症すると同時に、抵抗力がおちていたため膀胱炎も発症したということがあげられます。もしくはその逆も。

一般的な急性膀胱炎もウイルス感染身体全体の免疫が落ちていることが考えられます。

 

免疫をあげるにはどうしたら?

身体が冷えたことによって抵抗力が落ち、のどの痛みをともなう炎症と膀胱の炎症を同時に引き起こすということも考えられます。

アデノウイルスなどのウイルスは低温を好みます。寒い時期に身体を冷やすとウイルスたちにとっては好都合。どんどん活発に活動し、症状が長引きます。

ウイルスは一種類だけじゃないです。膀胱炎や、のどの痛みをもたらす扁桃腺・咽頭炎も細菌やウィルスに感染しておきます。免疫力が落ちている状況であれば一度に複数の感染症にかかったとしてもおかしくはないのです。

免疫力をあげるには『体温をあげる』のがいちばん。

低温になればウイルスが活発になるのと反対に、体温があがれば免疫力が活発になりウイルスの繁殖をおさえます。いろんな薬や抗生剤を飲むのもアリですが、私たちがもともともっている抵抗力=免疫力をあげることが一番大切です。

体温が1℃上がると免疫力は5~6倍アップし、体温が1度下がると免疫は30%低下すると言われています。食生活の変化からか、50年前の日本人の平均体温は36.9度ありましたが、現在は35度程度の低体温の人が増えているようです。

76d2084382f11927471dec93d2fce1a1_s

 

つらい膀胱炎。人に言いにくい膀胱炎。でも、自然治癒は残念ながらしません。医者にいきたくないのはよくわかります。そんなあなたにおススメなのがサジージュース

サジージュースには膀胱炎にイイという評判の栄養素「キナ酸」がクランベリーよりも2倍以上含まれていて、しかも総栄養素数200以上。

私達が本来持っている「ウイルスを撃退する免疫力」をぐんと引き上げて、アデノウイルス膀胱炎にならない身体にしてくれます。
免疫が上がるということは風邪をひくことも少なくなるし、身体のいろいろなトラブルが軽くなります。身体を根本から健康にしてくれる栄養素がたっぷり入っています。

つらい膀胱炎繰り返さないためにはサジージュース↓↓
いまなら1000円お試し中。膀胱炎に悩んでるなら、一度試してみる価値があります。

【サジージュース体験談】

治ったと思ったのに、また・・・。何度もおなじチクチク、ズーン。でもそれがなくなったんです!

低体温で冷え症・生理痛・免疫弱い。ずっとわたしは三重苦でした。でもサジージュースを飲み始めてから、手足の先まで血が通ってる!って思えるようになりました。
膀胱炎にならなくなったばかりか、生理痛や冷え症もやわらぎいいことづくめです。

私のおまもり、サジージュース
私のおまもり、サジージュース

サジーは天然果実なのでとれる量に限りがあるそうです。急いだほうがいいかも!