間質性膀胱炎とは


midori_24_punch間質性膀胱炎とは、
●尿がたまった時に起こる膀胱の強い痛み
●急に我慢できない尿意が起こる
●昼夜関係なく非常に尿の回数が多い
などの症状を伴う膀胱炎のひとつです。

 

膀胱炎なら、水分補給しておしっこをだすか、医者で細菌を退治する薬をもらうかで解決するはずなのですが…いろいろな説がありますが間質性膀胱炎の原因は、はっきりわかっていないのです。

midori_09_shockえ??原因不明?私もびっくりしました。
細菌が原因の膀胱炎なら、抗生物質などによって治ることも多いですが、この間質性膀胱炎は原因が細菌の感染ではないため、抗生物質で治療しても治りません。

 

症状が一般的な膀胱炎によく似ています。

●一般的な膀胱炎を頻繁に繰り返してしまう
●膀胱炎になっても抗生物質が効かない
●継続的に残尿感などの症状がある
●他の病気などが見当たらない…

などの場合には、間質性膀胱炎かもしれません。

じゃ、治療法はないの??

midori_25_handkerchief原因が不明なので完治というよりは、おもに症状を緩和する治療法がとられています。膀胱を水圧で拡張したり、薬などで緩和する方法などがあり、いくつかを組み合わせて症状の緩和をすすめていきます。

間質性膀胱炎は、特定の食べ物によっても痛みが強くなったりすることもあります。どの食べ物で痛みが強くなるかに関しては、個人差が大きいですので、自分がどの食べ物を摂った時に症状が起こったかを日常生活の中で、注意していくことが大切です。

尿自体の希釈を目的として水分を十分とることも大切です。精神的なことが原因である可能性もありますので、ストレスなどに気を付け、適度に運動をして規則正しい生活を送ることも重要です。

サジーが膀胱炎に効く理由はこちら>>