閉経後の膀胱炎


閉経後の女性が膀胱炎になったら…

midori_29_book膀胱炎は女性に多い病気です。
オフィスなどではトイレを我慢してしまうことも多く、過労、ストレスなども原因となります。一度発症すると、繰り返すことが多いので、膀胱炎になったら再発しないように注意することが必要です。

更年期や閉経後の女性が膀胱炎になることも多いのですが、普通の膀胱炎と違い細菌は出ません。女性ホルモンであるエストロゲンが分泌しなくなったため、膀胱の粘膜が薄くなり炎症を起こしやすくなり、膀胱炎が発症するのです。

症状としては普通の膀胱炎と同じように「トイレが近くなる」「排尿時に痛む」「尿が濁ったり、血が混じる」「尿の後もすっきりしない(残尿感)」などがあります。

細菌性の膀胱炎と違い、抗生物質では治りません。

閉経後の膀胱炎の場合、エストロゲンを補充します。膀胱炎になったら、すぐに医師の治療を受けることと、水分を充分にとって、どんどん排出することが大事です。

midori_06_thumbsup

痛いからといってトイレを我慢すると治療が長引きます。また、唐辛子などの刺激物は避けることです。症状が緩和するまでの間は、激しい運動は避け、安静を心がけることも回復を早めます。

 

閉経後のぼうこうえんがすべてエストロゲン不足とは限らない

閉経後の膀胱炎だからエストロゲンを補充しなきゃ!と思いがちですが、そうとも限りません。ウイルス性の膀胱炎はやはり女性には多い病気です。

閉経後の膀胱炎は頻尿や排尿時痛、残尿感などウイルス性の急性膀胱炎と同じような症状が出ます。しかし、急性膀胱炎のような激しさはない場合が多いのが特徴です。

もし、症状が重たい場合、痛みがつらい場合はウイルス性の膀胱炎かもしれません。

免疫力の上がる食品をとることや、キナ酸の多く含まれた食品をとることを心がけましょう。

 

膀胱炎だけじゃない。長い間溜まってきた「よどみ」をスッキリ洗い流して、老化に対抗する抗酸化成分たっぷりの天然果汁で、あなたの元気とキレイは甦える!