膀胱炎の症状:発熱


発熱は、かなりピンチ!そうなるまえにぜひ治療をしましょう。

膀胱炎は、尿道から膀胱に侵入した細菌に感染し、その細菌の増殖により膀胱が炎症をおこす病気です。

midori_04_ikari膀胱炎になると、

●ツーンとした排尿後の痛みや残尿感
●繰り返し何度もトイレに行きたくなる
●尿の濁りや血尿

などの自覚症状があらわれます。

それをほっておくと…膀胱炎が悪化して、尿管の上部まで細菌が侵入して・・・ 腎盂という腎臓の一部炎症をおこす「急性腎盂腎炎」になることがあります。

急性腎盂腎炎の特徴は血尿や尿の濁りなどですが、突然の発熱があります。

midori_18_moetsukita

●ぞくぞくするような寒気
●震えを伴った高熱
●腰部や背中付近に痛み
●悪心(気持ちが悪く、吐き気をもよおす感じ)
●全身の倦怠感

などの症状がみられます。

突然の高熱で慌てて受診して、治療に時間がかかってしまうこともあるので膀胱炎の自覚症状があったは、発熱前に治療をうけましょう。

midori_05_gusunまた、この病気はいったん治まったと思ったものが再発したり炎症が再燃したりすることがありますので、医師の指示に従って2,3カ月は通院して尿の検査をするなどして経過をみる必要があります。

何回も再発する場合は「炎症をおこしやすい何らかの誘因」が隠れていることがありますので、泌尿器科に相談しその原因を調べなくてはなりません。