血尿が出るほどの膀胱炎は、医者に行かなきゃだめ?【出血性膀胱炎】


きゃ~~なんじゃこりゃ~~
きゃ~~なんじゃこりゃ~~

膀胱炎で血尿の症状が出るとき

ある日、トイレでびっくり!「おしっこが真っ赤」
膀胱炎の症状の中でもショッキングな血尿。
血尿は「出血性膀胱炎」といわれ、炎症をおこした膀胱の粘膜から出血している状態です。
ちくちくしたり、ズーンと痛い膀胱炎進行中によくある症状です。

血尿。実際自分が体験してみるとすごく恐ろしいんだけど、膀胱炎になると案外、血尿がでることは多いのです。
膀胱内の粘膜はとても柔らかく、尿道から膀胱内に入り込んだウイルスが増殖すると、弱い粘膜がすぐにただれてしまいまい、出血しやすくなるのです。だからといって血尿が「気にしなくてもいい」わけじゃないです。

膀胱炎による血尿は、膀胱炎が悪化しているサインの可能性もあります。
膀胱からの出血による血尿でなく、「腎盂腎炎」の可能性もあります。どちらにしても、血尿が出た場合は医者に行く必要があります。

おしっこが真っ赤になるほどのものから、顕微鏡で見なければわからない状態のものもあります。
大人なら急性膀胱炎の症状のひとつですが、実は子供にも多いのが「出血性膀胱炎」なのです。

膀胱炎、また?
膀胱炎、また?

 

出血性膀胱炎の原因は「ウイルス」

おしっこ時にチクチクと刺すような痛みがあり、真っ赤な血尿がでることがあります。
ウイルスが原因の場合は特効薬はありません。
からだの免疫力を高め、自然治癒することが唯一の治療法です。

 

ウイルスが原因でない場合も

特殊な例ですが、抗がん薬や免疫抑制薬、抗アレルギー薬などの医薬品が原因の出血性膀胱炎もあります。抗生物質や漢方薬が原因となる場合もあるようです。
がん治療などでうける放射線治療の後遺症として出血性膀胱炎になる場合もあります。

 

急性膀胱炎かもしれない?

尿に血が混じってる、もしくはおしっこの時に痛い、残尿感がある・・・。そんなときは出血性の急性膀胱炎の可能性があります。
膀胱炎は体の構造上女性に多い病気です。そして、なんとなく「自然治癒するかも」と放っておいてしまい、悪化する病気でもあります。

  • おしっこの時にチクチク痛い
  • ずーんと膀胱あたりが重い
  • 残尿感があり一日に何度もトイレに行きたくなる
  • 尿に血がまじっている
  • すぐにもれそうな感覚になる

 

こんな症状があると、急性膀胱炎に可能性が大きいです。

 

001

 

 

【濁り】膀胱炎時のおしっこの変化

膀胱炎になると「血尿」だけでなく、おしっこの様子が普段とは異なってきます。
尿が白く濁るというのも代表的な膀胱炎の症状です。

  1. 膀胱に入った細菌と戦った免疫細胞(白血球)の死骸
  2. 炎症をおこしてただれ、剥がれ落ちてしまった膀胱の粘膜
  3. 炎症部分から分泌した液

これらのものが尿に混じることで、いつもは黄色い透明なおしっこが白く濁ってしまいます。
濁りは膀胱炎の症状としてひんぱんにみられるものです。

急性膀胱炎の場合、痛みがないことはあまりないのですが、知らないうちに悪化することもあるので、病院での尿検査は必須です。

う~・・検査やだなあ
う~・・検査やだなあ

 

【頻尿】膀胱炎時のおしっこの回数

膀胱炎では、トイレに何度も行きたくなる、いわゆる頻尿という症状もあります。そして排尿量はごくわずかというのが典型的な症状です。これは9割の患者にみられる症状です。

この症状は、膀胱内の粘膜の炎症によって、神経が過敏になって起こるものです。治療によって炎症が治まれば、症状も消えます。