妊婦さんの膀胱炎対策はクスリじゃなくて自然な果汁で!


妊婦さんは膀胱炎になりやすいのはなぜ?

膀胱炎の多くは「急性膀胱炎」といって、ウイルスや細菌が膀胱内に侵入し、炎症をおこすことです。

  • 頻尿(何度もトイレに行ってしまうこと)
  • 排尿時の痛み(チクチクするものから、ズーンと重たい鈍痛まで)
  • 残尿感(なんとなく出し切れていない感じ)

などの症状がおきます。
ひどくなれば発熱も。

女性は男性に比べて尿道口から膀胱までの距離が短いので、菌の侵入を許しやすく、膀胱炎になりやすいのです。

しかも、妊娠中の女性はもっとなりやすいといわれています。
それはなぜでしょうか??

 

妊婦さんが膀胱炎になりやすい要因は大きく4つあります

  1. ホルモンや自律神経のバランスが乱れることから免疫機能が低下しやすくなる。
  2. おりものが増えて、尿道口付近が不潔になる。
  3. 赤ちゃんがおおきくなるにつれ子宮が膀胱を圧迫。しかたがないっと思いトイレを我慢しがち。
  4. 膀胱が圧迫され尿も出にくくなるので、膀胱内で細菌が繁殖しやすくなる。

 

妊娠による身体の変化は、やはり母体にも「免疫機能や排泄の状態」などに大きな影響があります。

この四つの原因はある程度、回避できるものもあります。

  1. 栄養や睡眠を十分にとる
  2. 陰部をふくめ身体を清潔にする
  3. 水分をこまめに摂る
  4. がまんせず排尿する

このことを心掛けて、まずは妊娠中に膀胱炎にかからないようにしましょう。

 

妊娠中に膀胱炎になるとどんな症状が?

妊娠中の膀胱炎は普通の膀胱炎の症状はかわりません。

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 尿意の切迫感(すぐにトイレに行きたくなる)
  • 排泄時の痛み
  • 排尿後の痛み
  • 尿が白く濁る(白血球の死骸)
  • 浮遊物がある
  • 血尿

などの細菌感染による膀胱内の炎症症状がでます。
妊娠中は体力や免疫が落ちてることも多く、「なってしまったらしっかり治す」ことがとても大切です。女性なら、妊娠中ならしかたがない・・・と思っていたら大変。

膀胱の炎症が腎臓にまでひろがって「腎盂腎炎」などを引き起こす可能性があります。腎盂腎炎になってしまうと治療も時間がかかるし、赤ちゃんの入っている卵膜に炎症が広がってしまうと大変!

脅すわけではないですが、早期破水を起こす可能性が高まります。

とにかく

膀胱炎になりやすい状態なのでならないようにする

これが一番重要です。

妊娠中は膀胱炎にならないよう陰部の清潔を保ち、なるべく栄養と睡眠を十分にとり体力や抵抗力を落とさないようにこころがけることが、無事に赤ちゃんを出産することにつながります。

妊娠中はそのホルモンバランスと子宮が膨らみ膀胱が圧迫され、頻尿になりやすいです。
そこでやってしまいがちなことが「水分をあまりとらない」ようにすること。

こまめに水分を摂り、排泄を促すようにしましょう。
体にいらないものをきちんと出す。

妊娠中に限らず、このことはとても重要です。

 

妊娠中の膀胱炎治療:飲んではいけない薬がある!!

【妊娠に飲んではいけない薬】

  • クラビット
  • サラゾピリン
  • ジェニナック
  • スオード
  • バクタ
  • 塩酸ミノサイクリン

など

【比較的安全とされる抗生物質や抗菌剤】

  • フロモックス
  • メイアクト

 

痛みや発熱時の解熱鎮痛剤にも飲んではいけないものがあります。

【妊娠に飲んではいけない解熱鎮痛剤】

  • インデバン
  • セレコックス
  • ボルタレン
  • ポンタール
  • モービック
  • ロキソニン

【比較的安全とされる解熱鎮痛剤】

  • カロナール
  • ピリナジン

安全とされる薬でも、医師の指示なく勝手な判断で服用しないようにしてください。

 

妊娠中の膀胱炎治療:やっぱり日ごろから予防が一番だけど…。

妊娠中に膀胱炎になってしまったら、産婦人科に相談しましょう。
妊娠初期でもおなかの赤ちゃんや妊婦自身にも影響がない薬を処方してもらいましょう。

 

膀胱炎でなくても妊娠中は膀胱が圧迫されて頻尿になったり、お腹が重たくなったりします。
さらに膀胱炎になると排尿痛や残尿感、キリキリとした腹痛などの症状があらわれてつらいです。

私たちの体は細菌やバイキンが侵入してきても守ってくれる「免疫力」というものがあります。
その免疫力は体調により増えたり減ったりします。

  • 体温の低い方
  • 冷え性の方
  • 貧血気味の方
  • 便秘気味の方

などは免疫力が低下している可能性があります。

免疫力を上げるには「免疫が活躍できる体温」にすることと、「免疫力を上げる栄養素」を摂ることが重要。
それも、何日かに一回まとめてではなくて、毎日の食事から摂ること。

そこでおすすめなのがサジージュース。

  • 妊活
  • 妊娠中の栄養補給
  • 母乳の質と量のアップ

などに定評がある「プレママ~新米ママ」に絶大な信頼をもつ天然果汁です。

サジージュースは体を温め、免疫力を高めることが学会で発表されています。

さらに膀胱内を殺菌してくれるキナ酸が豊富に含まれています。

サジーが膀胱炎をどんなふうに改善してくれるの?

サジージュースの一番いいところは「クスリやサプリ」でないところ。
天然果汁なので飲み方や用法などは気にしなくていいのです。

まずは10日分で1000円のお試し商品を飲んでみて!
元気で楽しい「プレママ」生活を送りましょう。

丈夫なあかちゃんを、無事に生んでくださいね!